HINAメッセージ

HINA

エグゼクティブ・コーチHINAの公式サイトへようこそ!

このサイトを訪問くださり、ありがとうございます。

現在、私は経営者やプロフェッショナル、リーダーの方を対象に、行動心理学を取り入れた独自のメソッドで、リーダーシップ・セルフイメージ・マネジメント・人生の目的をテーマとしたコーチングをおこなっています。

プロコーチになり15年、クライアント様の内なる声に寄り添いながら、10000時間以上のエグゼクティブ・コーチングを実施してきました。安心安全な場で、定期的に深い対話を重ねていくことで人生の目的を見つけ、決断と意思決定といった仕事の効率を高め、人生をより豊かに生き、リーダーシップを高める、マインドセットのサポートを提供しております。

起業の前は、ベンチャー企業の設立に参画し、事業の立ち上げや、出版ブランド構築、経営者プログラム担当、研修講師、マネジメントに関わりました。そして実際にビジネスを立ち上げて成功していくまでに直面する、様々な課題を経験してきました。

最初のクライアントは、現在、作家・講師としてテレビや雑誌で大人気の女性エグゼクティブです。彼女がデビューする以前に、何度も対話を繰り返し、ビジョンの実現に向かって挑戦する彼女のサポートをしてきました。その後、彼女の作家デビューが口コミとなり、以来15年、紹介でコーチングを行っています。

クライアントは、経営者、ビジネスオーナー、起業家、投資家、ベストセラー作家、医師、上場企業役員、プロスポーツ選手、外資系エグゼクティブ、経営者夫婦、転職やキャリアチェンジをされる方など様々ですが、生きがいを感じながら、幸せで豊かな人生を実現させています。

そして、クライアントの皆さまの成果も驚くことばかりです。複数の会社を経営し、100人のスタッフを持つビジネスオーナーは、スタッフ間の人間関係、マネジメントに課題を感じていた状態から、リーダーを育成し仕事を任せるようになり、さらなる挑戦に取り組んでいます。またプライベートでは海の見える家を建て、週の半分は趣味の生活にシフトして幸せで豊かな人生を味わいながら、海外展開など次のステージの挑戦をしています。

クライアントの多くは、目標を達成した後に、さらに一段上の挑戦をして、成功や社会貢献を目指す人たちです。すでにお金は卒業したと言う投資家、セミリタイアされている方も多くいます。では、なぜエグゼクティブ・コーチングを活用されるのでしょうか?

なぜ、エグゼクティブ・コーチを雇うのか?

1.セルフイメージ:自分の影響力の大きさを知っている

私はこの十数年、数千人の経営者やリーダーの人生、ビジネスとプライベートの変化を見てきました。振り返ると、本当に多くのドラマがありました。

お金やビジネス、プライベートの問題も、最初のきっかけは、感情や立ち位置のズレ、人間関係のちょっとした違和感や摩擦だったりします。特に、経営者やリーダーになると影響力が大きくなるため、自分の立ち位置が2~3度ずれただけでも、周囲への影響は何倍にもなってしまいます。定期的に静かな時間をとり、自分との作戦会議として、「マインドセット」と「セルフイメージ」の確認のために活用される方が多いです。

2.マネジメント:後継者や右腕、スタッフの育成、人間関係の構築

経済的自由を実現しているビジネスオーナーは、後継者や右腕の育成、スタッフのマネジメントに情熱を注いでいます。自分もゼロから成功することができたのだから、「誰でも本気で挑戦すれば、夢を実現することができる」と言います。スポーツの世界では、「名選手名コーチならず」という有名なフレーズがありますが、選手として結果を出すスキルと、コーチとして結果を出すことを支援するスキルは、違うのです。

特に、オーナー経営者やダントツの結果を出したビジネスマン、プロフェッショナルは「自分がやったほうが早い」「何度同じことを伝えたらいいのだろう」とついイライラしてしまう。ということがしばしばあります。もともと成功するための感性と行動力を持ち合わせているので、スタッフやパートナーとのコミュニケーションに距離ができてしまうのです。

後継者や右腕を育て、自分がより高いステージを目指すためにも、スタッフを育成するマネジメント、ティーチング&コーチングのスキルが必要になります。

心理学者のアルフレッド・アドラーは、「仕事で失敗する理由の90%以上は、仕事に対する知識やスキルの欠如ではなく、人間関係が築けないことにある」と言います。エグゼクティブコーチHINAは、コーチングの中でも、人間関係とコミュニケーションに独自の強みを持っています。人間関係は、日々のコミュニケーションによって育まれます。コーチングを通じて、リーダーとしての振る舞い、心を感じながら人と幸せにつながる人間関係の築き方、マネジメント、コミュニケーション力を向上させていきます。

3.人生の目的:真の豊かさ、人生の目的の実現

経営者やリーダーを対象にエグゼクティブ・コーチングを行っていて驚いたことは、経済的な成功を収めた人でも、退屈さ、虚しさを感じているということでした。特に、若くして成功を収めた人は、その後10~20年、ほとんどやりがいを感じていないという人もいました。お金で買えないものがなくなったら、何を買っても、世界中どこを旅しても、生きがいや満足感や達成感、魂の喜びを得られなくなってしまった、モチベーションが上がらなくなったと言うのです。

そういった既に成功を収めた方が、エグゼクティブ・コーチを雇う理由は、「真の豊かさ、社会貢献、人生の目的を実現するため」です。それは、次のステージへの挑戦であったり、幸せな人間関係を家族やビジネスパートナーと育むことであったり、ビジョンや人生の目的を知り、生きがいを感じながら、社会的なメッセージを発信することであったりします。

エグゼクティブ・コーチは、欧米を中心にそのニーズが高まり、フォーチュン500社の内、エグゼクティブ・コーチを採用している企業は、70%という説もあります。エグゼクティブ・コーチは弁護士や会計士と同様に、専門プロフェッショナルとして、リーダーシップの発揮をサポートする役割を担っています。

以下の課題は、次のステージへ進むサインです

・転換期に来ているが、立ち止まり自分を見つめる時間が取れない
・新しいセルフイメージに書き換えたい
・人生の目的を知り、これからの人生設計をしたい
・生きがいや幸せを感じながら、さらなる豊かさを目指したい
・人生と経営の軸を定め、毎月定期的に作戦を練りたい
・マネジメントや人間関係に課題を感じている
・魂が喜ぶような充実感を感じられない
・感情のコントロールをマスターしたい
・定期的に運気とエネルギーの調整をしたい
・パートナーとの人間関係に疲れや課題を感じている
・売上げの8割は自分で稼いでいるため、時間が足りない
・やるべきことが多すぎて、不自由さを感じている
・スタッフが育たなくて、現場を離れられない
・メンタルマネジメントの課題が増えている、心にゆとりがない
・人間関係のトラブルが起こり、人が定着しない
・体調や感情的な不調になるスタッフが増えている
・忙しすぎて、次に挑戦したいことに時間が使えない
・右腕が育たず、いつまでも自分がやらなければならない
・スタッフに本音が言えず、気疲れしている
・現場からアイデアや斬新な企画が出てこない
・仕事に偏りすぎて、プライベートとのバランスが取れていない
・会社はうまくいっているが、心の充実感がなく物足りなさを感じている

 エグゼクティブ・コーチHINAの役割は?

HINAのエグゼクティブ・コーチングは、短期的な結果を出すことではなく、「クライアントが最高のリーダーシップを発揮して、組織のパフォーマンスを最大にし、関わるすべての人が幸せで豊かになること」にフォーカスしています。

・1対1のエグゼクティブ・コーチングを通じて、より幸せで豊かな人生を作り出すためのリーダーシップのサポートをしてまいります。

・企業様には、オーダーメイドのコミュニケーション研修、本音で対話するミーティングファシリテーション、グループコーチングを通じて、組織の活性化と人材開発を中心にご支援させていただきます。